重度歯周病治療・再生療法

他医院で抜歯と診断された歯も、残せる可能性があります。

歯周病でグラグラになった歯でも残したいという方へ・・・

溶けた骨を再生させる「再生療法:エムドゲイン法」

歯周組織は、歯肉、歯槽骨(歯を支える骨組織)、セメント質(歯根を覆う組織)、歯根膜(歯根と歯槽骨をつなぐ組織)からなります。
歯周病が進行すると歯周組織が壊れ、歯がぐらぐらとなり、隙間が生じて歯も長くなったように見えます。

日本では、厚生労働省の承認を得ているエムドゲインゲルというゲル状の歯周組織再生誘導材料を使い崩れた歯周組織を再生させていくことができます。エムドゲインゲルは、 スウェーデンのBIORA社で開発され、子供の頃の歯の発生期に重要な働きをするタンパク質の一種です。

歯周炎の治療を目的とした歯周外科手術の際に、歯根面にエムドゲインゲルを塗布して用います。

再生療法の流れ

検査・問診

歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを計ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。
検査に基いてエムドゲイン手術が可能か診断します。

エムドゲインゲルを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者さんの健康状態によっても異なります。

問診の際には、歯とは関係が無いと思っても、今かかっている病気や既往症、飲んでいる薬など詳しくお話しください。

※ 喫煙者・糖尿病の方については、エムドゲイン手術はできません。

歯周外科手術

手術は麻酔をかけて行います。まず最初に治療する部分の歯肉を切開し、剥離します。

次に歯根の表面を徹底的に清掃し、歯石や汚れがない状態にし、エムドゲインゲルを塗布します。
最後に切開した歯肉部分を縫合し、手術は終了です。

手術にかかる時間は約1時間前後で、手術後、しばらく休んでいただいた後は帰宅できます。
抜糸は手術日から2〜6週間後に行います。

治療例

術前 術後1年経過
歯周病により、歯を支える骨が溶けて歯がグラグラになっています。
再生療法を行って1年後の状態です。溶けた歯槽骨はかなり再生しています。
抜歯と言われた歯も再生療法を行うことで長期的に歯を維持することができます。
手術後の注意点

・手術創は速かに治癒しますが、手術部分の歯みがき等は担当医の指示に従って下さい。
・指や舌で手術部分を触さわらないで下さい。
・手術後の感染を防ぐために、術後3 〜6週間は、消毒薬で口の中をよく洗浄するようにします。
・抗生物質が処方された場合は、担当医の指示に従って服用して下さい。

定期的な受診について

機能的な歯周組織を取り戻すまでには、数ヵ月から1年程度かかります。

歯周組織が再生する期間、および程度は個人差があり、歯周病の進行具合によっても異なります。
術後のスケジュールの詳細も患者さんによって異なりますので、担当医の指示に従い、必ず定期的な検査を受けるようにして下さい。

治療が終了した後も、口の中の衛生状態を担当医に定期的に検査してもらうことをおすすめします。

アクセス

ACCESS

東京都港区赤坂1-5-14橋本ビル3F
【地下鉄】 銀座線・南北線「溜池山王駅」
千代田線「国会議事堂前駅」下車 9番出口より徒歩2分

TEL : 03-3585-8066
お電話受付時間:10:00~18:00
休診日 : 日・祝・隔週金・土

Google Map